製品案内

JIPROSの機能紹介

医薬・化粧品の生産モデルに特化した標準機能を装備 ─

なぜ、GMPに準拠した生産管理体制が注目されるのか?

1医薬品業界の2010年問題、化粧品業界の異業種参入

医薬品業界においては、2010年前後に大型医薬品の特許切れという、新薬メーカにおいては、収益に大きな影響を及ぼす問題を抱えておられると思います。 対象的にジェネリック医薬品メーカでは、新薬からジェネリック医薬品への切り換え需要を期待されているのではないでしょうか。

化粧品業界では、異業種参入による受託(OEM)製造が盛んになっており、各化粧品メーカも国内市場から中国などの新たな市場への参入を目指されているのではないでしょうか。


2求められる品質・安全性への対応力

医薬・化粧品製造などのプロセス産業においては、品質保証体制(トレーサビリティー)の確立、安全対策への取組みが市場からより強く求められています。また、企業をとりまく環境が刻々と変化する中で企業が成長していくためには、課題をいち早く把握し解決をすることが必要であり、企業自身も日々変化を求められています。

柔軟な生産計画による精度向上、生産性向上、不良在庫や過剰在庫の削減、安全性や品質の確保、内部統制への対応など企業のさまざまな課題が山積されています。


3GMPに準拠した生産管理体制が急務です

このような状況の中、医薬品・化粧品製造メーカ及び受託(OEM)製造メーカの品質管理も含めた生産管理基盤整備も急務です。

特に中堅企業では、複数システムの連携ではなく、コンパクトに特化型のシステムを導入することで早期に生産基盤整備を望まれていると考えております。 加えて得意先の品質要求(GMPに準拠した運用)にもこたえていく必要があります。


4JIPROSならGMPに準拠した管理体制を円滑に構築

GMPに準拠したシステム導入をしていない場合、期限切れ出庫、投入ミス、製品事故の際の迅速な状況把握(ロットトレース)ができず、GMP関連企業としての品質管理体制を問われ、存続が危ぶまれます。

JIPROSであれば、医薬品・化粧品の生産現場の仕事の流れに沿った業務フローの為、検査情報、有効期限の管理を行うことで製造時の投入ミス、間違った原料の利用を抑制します。

GMPを意識した基本的な運用モデルが盛り込まれている為、無理なく運用が可能であり、日々の実績情報をもとにロットトレース情報をリアルタイムに提供し、事故発生時に迅速な対応が可能です。


■ これからの医薬・化粧品の中堅プロセス製造業に求められる生産管理体制

  • 複数システムの連携ではなく、特化型のシステム導入によりコンパクトな生産基盤を整理。
  • GMPに準拠した運用体制の整備。

⇒ JIPROSなら早期に実現が可能です!

JIPROSのGMP対応支援

GMPをはじめとした、今後は医薬・化粧品製造業に対して強く求められる品質管理体制への安全性に、JIPROSは中堅プロセス製造業のご担当者様が早期に対応できる生産管理基盤を整備できるよう以下のGMP対応支援機能を標準装備しています。
医薬品・化粧品製造業の品質管理部門の仕事の流れにあわせて、品質管理機能を原料試験、バルク試験、資材試験、製品試験に区分けし、運用を容易にする工夫もおこなっています。

検査状況のリアルタイムな把握

品質管理と生産管理の連携により在庫ライフサイクルを考慮した有効期限管理による投入ミス防止、期限切れ出庫防止を実現。

業界モデルに沿った品質管理機能

原料試験、バルク試験、資材試験、製品試験の実施機能を搭載。

製造管理、品質管理へのGMP管理支援機能

各種試験情報、製造承認、判定、出荷承認など製造管理、品質管理へのGMP管理支援機能を搭載。

製造管理、品質管理の承認の仕組み

「製造管理責任者による製造指図書発行」 「製造記録確認 製造管理者による出荷許可」 「品質管理画面単位に権限をコントロール」  など

資料請求・お問合せ
JIPROSの機能をより詳しく知りたいお客様は、こちらから、お気軽にお問合せください。

イベント情報

第21回 インターフェックスジャパン
「ITソリューションゾーン」(7/3〜5)
製薬業界向けITが一同に集結!本年もJIPROS出展決定【東京】

本展示会は、医薬品、化粧品、洗剤業界では国内最大級の展示会です。

日時: 2019年7月3日(水)〜5日(金)
場所: 東京ビッグサイト
主催: リード エグジビション ジャパン
株式会社

詳しくはこちら