製品案内

JIPROSの機能紹介

医薬・化粧品の生産モデルに特化した標準機能を装備 ─

2. コストの「見える化」 ─ 原価管理 ─

経営層、工場長の悩み

日々の生産の中で計画通りに生産されることが重要なのですが、実際には、予定した費用との差異が発生しているのではないでしょうか。差異の原因として下記の要因等が考えられるのではないでしょうか。

  • 予定した使用量、作業時間で製造できているか?
  • 見積と実際に発生した費用との差異はなか?
  • 原料価格変動はないか?
  • 製造ロス・ミス、人為的なミスはないか?
  • 原料、資材や製品において、過剰在庫を抱えていないか?
  • 実際にかかったコストは、適正だったのか?
  • 不良在庫や、有効期限切れに伴う廃棄により、多量の廃棄ロスが発生していないか?

JIPROSでは、これらの悩みを解決し、コストの見える化をはかり、
意思決定の迅速化を図ります。

JIPROS 原価管理の仕組み

生産管理システムと連携し、日々の実績情報を元に原価計算を実行します。製造、購買の実績を元に月次で原価計算処理を実行し品目別実際原価を算出。標準原価に対する実際購入費用、実際使用量などの原価差異の把握、標準原価、予算用生産計画により予算原価を計算、期中の販売計画、生産計画見直しにより年間着地見込みのシミュレーション。

コストの見える化(計画・計測・改善)を支援する原価管理の流れ

JIPROS 原価管理の仕組み

■ コストの見える化を支援するJIPROS原価管理の主な機能

標準原価 標準マスターによる標準原価計算
各種マスタ設定変更による標準原価シミュレーション。履歴管理による結果比較
予算原価 標準原価、予算用生産計画により予算原価シミュレーション
期中の販売計画、生産計画見直しにより年間着地見込みのシミュレーション
実際原価 実際購入費用、実際使用量、実際作業時間、実際経費による実際原価
標準原価に対する原価差異の把握
実績原価 標準単価、標準レートを使用した製造実績に対する速報原価の提供
標準原価に対する原価差異の把握

詳細は 機能一覧を参照ください

資料請求・お問合せ
JIPROSの機能をより詳しく知りたいお客様は、こちらから、お気軽にお問合せください。

イベント情報

第21回 インターフェックスジャパン
「ITソリューションゾーン」(7/3〜5)
製薬業界向けITが一同に集結!本年もJIPROS出展決定【東京】

本展示会は、医薬品、化粧品、洗剤業界では国内最大級の展示会です。

日時: 2019年7月3日(水)〜5日(金)
場所: 東京ビッグサイト
主催: リード エグジビション ジャパン
株式会社

詳しくはこちら